スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相生市の伝統料理「かきめし」レシピ
2012年01月10日 (火) | 編集 |

blogram投票ボタン

カキの産地、相生市で古くから食べられている伝統料理
かきめし縮小
「かきめし」


2011年11月に開催された「姫路食博2011」でも
販売開始前より行列ができ
あっという間に完売いたしました。
その大好評頂いた味をご家庭向けに再現
ぜひ、ご家庭でも絶品かきめしをお楽しみください



材料
米        3合
カキ(むき身) 300g
ごぼう      40g
にんじん    70g
うすあげ    2枚

☆しょうゆ  20g
☆酒     40g
☆しょうが  20g

○しょうゆ  20g
○出汁の素 4g


作り方
①カキは塩(分量外)をふって軽くもんでから水でながし
 よく水気を切ってから、酒(分量外)をふりかけて置く
 米は水で洗ってからザルにあげ水気をよく切っておく

②薄揚げ・にんじん・ごぼうをを細い千切りにして
 ごぼうは水にさらしてアク抜きをする。
 ※ごぼうはアク抜き後はよく水を切って下さい。
  うすあげは油抜きする必要はありません。

③鍋に☆マークの調味料をすべて入れてにかけ
 沸騰したら①のカキを加えて5分~10分煮る
 ※身がふっくらしてきたら火を止める。
  後ほど炊飯器でお米と一緒に炊くので
  火を通しすぎないように
 ※煮汁もすべて炊飯器へ入れるので捨てないよう注意

④①の米をザルからお釜に移し、規定の目盛まで水を入れ
 ②の具材を米の上にまんべんなく並べて
 ○マークの調味料と③で出た煮汁をすべて加えて炊飯します

⑤炊飯器の中が沸騰したら蓋をあけて③のカキを加え
 また蓋を閉めて引き続き炊飯します
 ※残り時間20分ぐらいが目安です。
  最初から入れても問題はありませんが
  その場合カキに火が通りすぎます。
 
⑥炊きあがったら、具材と米をよく混ぜ合わせて完成


その他
・☆マークのしょうがは
 大き目の輪切りにして、カキを煮てから取り除いても
 細かく千切りにして米と一緒に炊き込んでも
 どちらでも構いません。

・圧力式炊飯器をお使いのご家庭の場合は
 カキはその他の具材と一緒に
 最初から加えた状態で炊飯して下さい。
 途中で蓋をあけられますと大変危険です!


人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:ご当地グルメ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。